ダイアリー

ダイアリークレアギニンEXは腎臓病の食事と併用する
49年 前

クレアギニンEXは腎臓病の食事と併用する

糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。日々の食事で得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える重要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、全く摂らない所以にはいけません。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品にふくまれる水分量もふくめます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみで済みます。この場合の水分病理制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自分勝手な病理制限はしてはいけません。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する重要があります。甘い食べ物の場合でも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個と同量くらいのたんぱく質がふくまれている所以です。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血液の濾過作用がうまく行われず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを維持することが重要となります。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。徹底した食事療法を手掛ければ慢性腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の進行を遅らせることができます。そうとう上手くいった場合、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられたりするのです。食事療法の難しさはけっして病理制限の内容ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段になります。腎臓病を発症した方の行なう食事療法の趣意は、なるべく慢性腎臓病を症状進行指せない事と、体調を良好に保つことにあります。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法次第で腎不全の急激な症状進行を食い止められ、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、人工透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須になります。慢性腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓の機能が低下するにつれ、今以上にかんがえて食事を調整する重要が出てきます。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー病理制限も追加されるのです。食事内容は自己流で判断せずに、ちゃんとした知識を持つ医師や管理栄養士を頼るように心掛けましょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
おすすめサイト⇒腎臓病クレアギニンEX

fty54ftyj4td Administrator