ダイアリー

ダイアリー脇のにおい対策は専用の保湿クリームが必要です!
48年 前

脇のにおい対策は専用の保湿クリームが必要です!

わきがの対策は、簡単で早くできらた嬉しいですよね。出来れば、手術のように多額の費用や傷跡のリスクは避けたいもの。そこで、わきが対策の中でも、最初に取り組むことができる方法、そしてそのアイテムは「わきがクリーム」です。1回~2回。1日に塗るとわきが臭が消えてくれるなら、気分も良くなりますよね。ただし、わきがクリームにもイロイロな製品が存在するので、選ぶときには考えることが必要です。誰の皮膚にもいる皮膚常在菌は、皮膚を病原菌などから守るためにいます。病原性はありません。雑菌は、私立ちの体から分泌している色々なものを分解し、その時に臭いの元となる物質を作っていきます。ワキガや足の臭いは、こうして起こってきます。ここを知っているだけだと、ワキガの人は足の臭いも臭いんでしょ。と考える人もいますが、いいえ、違います。ワキガの臭いと足の臭いでは、全くちがうものです。雑菌が分解するものがちがうからです。わきがケアの基本として、まず始めに汚れを落とすこと、またわきの湿度を一定に保つことです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないとわきの肌表面に悪影響が生じる原因でしょう。また、肌が乾燥してしまうことも肌を守っている機能を退化指せてしまうため、保湿を必ずするようにしてちょうだい。しかし、余計に保湿を行ってもニオイを誘発することになります。臭いがする汗は内臓の病気や多汗症など特定のりゆうが原因でないなら毎日からだをきちんと洗う、汗止めの方法をとることによって、対策を取ることで身だしなみを整えることができるのです。暑い時期には、自分で思っている以上に他の人に嫌な思いを指せていることもあったりします。ちゃんと脇汗の対策を考え、影で、「汗臭い!」と評判にならないためにきちんと気を配りましょう。アポクリン腺。この汗腺の汗がわきがの臭いの元と言われますが、汗だけなら無臭です。皮脂とエクリン腺(日本人の場合、全身で200万個~500万個あり、常時180万個~280万個が働いているのだとか)から排出された汗が混ざって、雑菌に分解をされることで、匂いを醸し出してきます。脇毛には臭いを造る雑菌が生息しやすいので処理をした方が良いのですが、毛抜きで抜くのは辞めましょう。刺激されアポクリン腺を通った汗の分泌が促進されます。脇毛は抜くことは避けて、剃ることにしましょう。人は汗で体温調節しますが、ときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。大量の汗が脇から出る状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、仕事や社交、身体的活動、レジャーなどの日常生活において制限があり心理的にとて持つらい病気です。ですが、病院で治療し治すことが出来ます。どんな治療方法があるのか、病院でよく確認しましょう。実は、汗そのものにはほとんどニオイがないんです。脇汗だって最初は無臭。けれど、発汗して何もしないでいると、脇汗が酸化したり細菌に分解され、それが原因菌に変化して、汗臭いニオイや、ワキガのニオイを発するようになるのです。一段と、汗の量が増えると細菌が汗を分解する環境が整うため、何もしないままでいるとますますにおいます。暑い季節やスポーツ後の汗が気になるのはそのためです。汗腺の種類には『エクリン腺(日本人の場合、全身で200万個~500万個あり、常時180万個~280万個が働いているのだとか)』と『アポクリン腺』の2つがあります。体中に存在する『エクリン腺(日本人の場合、全身で200万個~500万個あり、常時180万個~280万個が働いているのだとか)』から分泌する汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。 緊張した時や辛いものを食べた時に手の平や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺(日本人の場合、全身で200万個~500万個あり、常時180万個~280万個が働いているのだとか)から出ています。汗の量が非常に多い「多汗症」もエクリン腺(日本人の場合、全身で200万個~500万個あり、常時180万個~280万個が働いているのだとか)からの汗が原因です。思春期に脇や外陰部など、決まった部分に発達する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありません。ただし、きれいにしないままでいると肌の細菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。また、粘りがあり色素成分も含むため、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。ワキガの基になる脇汗とは、ワキに集中してある「アポクリン汗腺」が原因です。このアポクリン汗腺を通してかく汗は、ミルキーカラーの色をしており、脂質やタンパク質が多く含まれています。このエクリン汗腺ではない所からの脇汗に、ワキの皮膚などに潜んでいる雑菌の作用によってワキガが発生します。日本に比べると、欧米はワキガ体質の人が多いでしょう。その違いを考えると、食文化の影響は大きいと言えるかも知れません。カロリーや脂肪が高い食事ではアポクリン腺や皮脂腺が活性化されます。その逆に魚や穀物、野菜ではポリフェノールを始めビタミンなどワキガの体質を改善するのに効果的な栄養を取ることができるのです。これをみたら、魚・野菜がメインの食事をしている日本に比べ、肉がメインの欧米はワキガ体質になりやすいのも考えられます。参考にしたサイト>>>>>脇のにおい対策クリーム

fty54ftyj4td Administrator